【悲報】増税した結果、首相主催の「桜を見る会」の予算が3倍に膨れ上がる

政治

こんにちは。Ainaです。

皆さんは、首相主催で毎春開かれる「桜を見る会」を知っていますか?

コンセプトとしては、各界で活躍する人たちを慰労し、親睦を深めることを目的として、安倍晋三首相が開催した2019年度は、芸能人やスポーツ選手ら約1万8千人が参加しています。

もちろんアイナは呼ばれていないよっ!!

この「桜を見る会」は首相主催とはいえ、当然のように国の予算が使用されています。

過去5年間の予算は約1,766万円です。

過去5年間の金額でも相当高いなーっと感じますが、2020年度は概算要求で3倍の約5,700万円となっています。

政府は「テロ対策の強化や混雑緩和の改善のための改善点を反映させ、実態に合わせた金額を要求している」と回答しています。

スポンサーリンク

国民の税金を使ってやることなのか、、、?

「桜を見る会」の5,700万円は国の予算規模から見れば、微々たる金額だと思います。

私たちの目線だと、財布から1円が無くなったくらいの感覚かもしれません。

それでもこちらは国の収入が足りないーって言うから消費税増税や社会保障費の増加にも耐えて、生活しているわけですよ。

また、台風15号、19号で甚大な被害を受けて、その日の生活に不安を抱えている人が多くいる状態で、桜を見て雑談するだけのイベントに5,700万円を使うって、頭のネジが何本かなくなっているのでは?と心配になりますね(笑)

「桜を見る会」で使用する税金では、台風の被害で苦しんでいる人を救うことはできないと思いますが、少しでは国の予算を無駄にしないようにと考えることはできないのでしょうか?

首相たちの支持率を上げるために、私たちの税金が使われる意味がわかりません\(^o^)/

スポンサーリンク

与党支持者はそんなにいないってことに気がつくべき

私は反安倍、万歳安倍どちらでもないよ。

多くの人と同じように、民主党政権の恐ろしさを知っているから、他の野党に比べれば、自民党を選ぶかーってくらいのスタンスです。

ただ、最近の与党の言動を見ていると、長期政権を持ったことによる驕りが見え隠れ(みえみえ)しています。

私たちのような若い世代の人たちのことを見て、政治を行っている議員がどれだけいるのでしょうか?

自分たちの権利、利権を守って、とりあえず自分たちが生きている間は、若者を犠牲にしていこうって考えていませんか?

「桜を見る会」のような国民にとってメリットのないものに、税金が使われていることを知って、私たちの将来が更に不安になりますね。

政治家には期待できない!!

若いうちから資産形成していきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました